ソープランドで紳士的に振舞う男になる為の意識改革

その男は如何にして紳士的にソープを楽しむのか?

様々な種類の風俗の中で、ソープランドだけに本番行為が許される理由は?

ソープランドといえば、他の風俗との大きな違いとして挙げられるのが「本番行為がある」ということです。ヘルスやピンサロ、エステなどでは本番行為というのはありませんし、もし本番行為があれば管理売春になってしまいますので、法律に触れてしまいます。

何故ソープランドだけに本番が認められているのかというと、そもそもソープランドというものがどういう物なのかを知る必要があります。

まず、ソープランドというのは、建前上は性風俗店ではありません。特殊浴場、つまり銭湯などと同じ分類になっていて、そこでは性的サービスなどあってはならないことです。ソープ嬢というのは、性的サービスを行う人ではなく、あくまでもリラクゼーションとしてのマッサージなどを行う人なのです。

ソープランドは、お店がソープ嬢に入浴施設の場所を貸し、ソープ嬢がそこでお客さんに入浴をしてもらい、マッサージなどを行うことでチップを貰うというのが、本来の仕組みです。ですから、お店は入浴施設を利用するための入浴料をお客さんに求めますし、女性はボディソープやローションといった消耗品は自分で買い揃え、様々なサービスを行うことでサービス料を貰うということになるのです。

では、何故そのような場所で本番行為などが登場するのかというと、これは人間感情のせいと言うことになります。

個室の浴場で男女が体を洗ったりしていると、急に恋愛感情が芽生えてしまい体を重ねてしまうのです。人間同士のことですから、いついかなる時にそういった感情が芽生えるのかはわかりませんし、そういったことは場所を貸しているお店としても想定外ですし、そもそも干渉すべきことではありません。ソープランドのホームページなどを見ても、性的サービスについてなど書いてありませんし、ただ利用料金や時間が書いてあるだけなのもそのためです。仮にお店が本番行為を斡旋したとなると、管理売春となってしまい法律違反となり、罰せられることとなります。

しかし、急に芽生えた恋愛感情による自由恋愛である場合、法律で罰することも出来ないというわけです。これが、ソープランドで本番行為が行われていても認められている理由です。

「そんな都合の良い話があるものか」と思うかもしれませんが、世の中いくらでもこういった話は見受けられますから、ソープランドだけを槍玉に挙げるというわけにもいかないというのが、取り締まる側の本音と言ったところでしょう。しかしながら当然グレーゾーンであり、いつでも摘発される可能性はあるというのは間違いありません。

東の吉原、西の福原と言われるソープ街

福原の街並み

吉原は言わずもがな日本を代表するソープ街として有名です。西日本では、この吉原と並ぶ規模だと言われているのが神戸福原 ソープランドです。
知名度や店舗数は吉原ほど多いものではありませんが、ただ質という面で見てみれば吉原にも匹敵する店が多くあることが”東の吉原、西の福原”と言われる所以です。

福原は、神戸市という兵庫県の中で最も活気があり盛んな街にあります。利便性は言うまでもなく抜群で、好立地、好アクセスとなっています。

吉原は高級店が多いですが、福原の主力は質の高いサービスを提供してくれる高級店ではなく、サービス・料金共にそこそこの格安店や大衆店です。
と言うのも、福原は高級店に容姿レベルの高い女性が偏るのではなく街全体でレベルが高いので、さほど女性選びに困りません。

主力は料金の安い店となっていますが、やはり根強い人気があるのは高級店です。福原の高級店の特徴としては生セ○クスが出来ることで、元AV女優やタレント事務所に所属するモデルの卵など特別な女性とそういった行為が出来ることが、高級店の最大の強みだからです。

高級ソープの満足感の高さの理由とは?

日本には様々な業種の風俗がありますが、その中でも風俗の頂点と言われるものがソープランド。そのソープランドの中でも選りすぐりとも言えるのが、高級ソープと言われているものです。

高級ソープというのはその名前の通り、高級いわゆる価格設定が高くなっているお店のことです。一般的には6万円以上と言われていますが、その金額に恥じぬサービスが提供されていて、訪れる男性に大きな満足感をもたらしています。

高級ソープの魅力は、一言では言い表すことは出来ないほど数多く、満足感一つとっても格安店や大衆店とは大きく違います。では、プレイ内容が大きく違うのかというとそうではなく、やっていることはほぼ同じです。

大きな違いといえば、マットプレイがあるかないかぐらいのもので、それ以外には同じと言っても良いでしょう。それなのに格安店や大衆店よりも大きな満足感が得られる理由というのは、そのサービスの質というものが根本的に違うからと言えるのではないでしょうか。

ソープランドというのは、性的サービスを受けるための場所と言うのは間違い無いのですが、単純に性的刺激を受ければ満足出来るのかというとそうではありません。満足感というのは、店の内装などによるその場の雰囲気であったり、ソープ嬢とのコミュニケーションであったり、利用されている消耗品の質であったり、様々なことが関係してきます。それらの様々な要素を全て加味したものがサービスの質というものになるのです。

例えば、女性に関して言えば容姿は個人の好みというのもありますが、均整の取れた顔立ちであるとか、胸が大きくウエストがしっかりとくびれているスタイルの良さとかに一定基準以上の物がありますし、コミュニケーションに必要な様々な知識や教養といった内面部分、さらに客となる男性に対しての礼儀作法という部分でも格安・大衆ソープに在籍するソープ嬢とは大きな違いがあります。

内装や外装といった部分でも、普段は訪れないような豪華な施設を利用することで日常の中で味わうことの出来ない非現実感を味わったりすることが出来る、使い捨てになるであろう消耗品ですらも高級品を用意するといった様々な営業努力こそ、高級ソープが高級である所以となるのです。

こういった高級ソープならではの魅力を味わえるからこそ、一度でも高級ソープなどを訪れた人の殆どが大きな満足感を得て帰っていくのです。

ソープランドの不思議な料金体系

ソープランドって不思議だと思いますよね。まず不思議に思うこと、それは料金です。料金は入浴料と総額に分けられています。初めてソープに行く人は入浴料だけを見て、「あれ、思ってたより安いな。これならデリヘルと変わらないか。」と思うかもしれません。しかし現実として、ソープランドは入浴料にサービス料がプラスされ「総額」となる(しかもいい値段します)ので、ボッタクリじゃないかと憤慨してしまう人もいるくらいです。

しかし、ソープランドはそういうものであって、ボッタクリでは決してありません。もちろんボッタクリのソープランドもあるかもしれませんが、入浴料とサービス料を取るのは一般的なソープランドの仕組みなのですから、安心して行けます。

まずソープランドに行く前には前もって総額表記を確認しておかなければなりません。それによってしっかりとお金を用意しておくことが大切です。そしてその料金はお店のランクによって大きく変わることも把握しておかなければなりません。

質の良い美女風俗嬢ばかりを集めたお店を利用する場合は、たとえ利用時間が短くても数万円単位の支払いが発生する場合があります。さらに長時間に渡って指名し続けた場合の利用料は数万円ではきかず数十万円単位になる事も十分に考えられます。

数十万円もあれば激安ソープを何回も何十回も利用する事が出来ます。お金を掛けても質にこだわりたい場合は高級ソープの利用がベストで、レベルは二の次で利用回数を多くしたいという場合は激安ソープを利用するのがベストな選択です。

高級ソープの数よりも激安ソープの数の方が圧倒的に多く、最近は激安店でもそれなりのレベルのソープ嬢が在籍している所も増えています。パソコンやスマホ、風俗情報誌を見れば風俗嬢のスタイルを確認する事が出来ますし、激安店の中にもイチオシのおすすめ嬢はいます。

この値段でこれなら満足出来る!と言うようなリーズナブルで値段にしては中々のレベルだと思える風俗嬢も中にはいますから、きちんと探してみるべきです。高級店には顔もスタイルも文句なしの絶世の美女が集まっていますから、たとえ指名なしで入ったとしても激安ソープ店では絶対に付けて貰えないような美女に相手をしてもらう事が出来ます。

こういった不思議がいっぱいのソープランドですが、仕組みを理解すれば何も怖くはありません。