ソープランドで紳士的に振舞う男になる為の意識改革

その男は如何にして紳士的にソープを楽しむのか?

ソープであった思わぬ事態

何回行ったか覚えていないほど、ソープ遊びにはまっている私。可愛い子からちょっとそうではない子まで、有難いことに色々な女の子とエッチしてきました。ただ何回か思わぬ事態になったことがあります。それはヒリヒリとした痛みでプレイが中断したということです。一応先に言っておきますが、性病というわけではありません。

入店したばかりのピチピチのソープ嬢。とてもやる気に漲っていて、気合いが入っていたんですね。即即してくれたりとサービスも満点でした。フェラもいっぱいしてくれます。それと共に常にペニスを握って、手コキもしてくれていました。浴槽の中でも、マットプレイ中も、ベッドに移動しても、キスしている間中も、とにかくペニスから手を離さないんです。

そしてようやくお楽しみの瞬間。挿入してるとペニスが染みて痛かったんです。思わず「痛い!」と声を出してしまった私。抜いてペニスを見てみると、擦りむけていて真っ赤。結局ペニスの先っちょだけを入れて楽しむという結果に。何度も謝る嬢が可哀想でした。

逆のパターンもありました。その日指名した嬢はとても人気者。私とのプレイ前にも何人かのお客さんを相手にしていた様です。

綺麗な嬢とのプレイにテンションは上がりまくり。いよいよお待ちかねの瞬間がやって来て、ペニスは今にも発射してしまいそうなほど。ゆっくり沈めていくと、嬢の顔が苦悶の表情。突けば突くほど喘ぎ声ではなく、苦しそうな声を発しているんです。

仕方なくペニスを抜いて「大丈夫?」と聞いてみると、「ごめんなさい、ヒリヒリしちゃって…」との答え。何でも私の前のお客がとても激しかったそう。その日何本も受け入れていたこともあり、皮膚が擦れて痛くなってしまったみたいでした。

「大丈夫だから、また挿れてね」と言ってはくれましたが、あまりに痛そうだったのでそれ以上はする気になれず。結局フェラで何発もイカせてもらうということになりました。後日再び指名した時はとんでもないサービスをしてくれましたけどね。

思わぬ事態だったなとは思いましたが、人間同士のすることですから、色々なことが起こりえます。痛みがある時はお互い無理をするのではなく、気遣いをしてあげることもソープでは必要。頑張って楽しんだ結果、悪化したら大変です。