ソープランドで紳士的に振舞う男になる為の意識改革

その男は如何にして紳士的にソープを楽しむのか?

どうしてデリヘルよりソープは高額なのか?どうして「福原ソープ」は人気なのか?

日本には非常に数多くの「性風俗店」があります。中でも一番ポピュラーなのがデリバリーヘルス、通称「デリヘル」と呼ばれる派遣型ヘルスサービスだと言えます。デリヘルはラブホテルがあればどこでも営業できるお手軽さから、風俗ジャンルとして近年爆発的なブームとなりました。その一方で、昔から根強い人気を誇るのが「ソープランド」というジャンルです。「風俗の王様」と形容されるソープランドは、まさにキングの名に恥じないサービス内容を体験できる唯一無二の風俗です。デリヘルのようなお手軽感はありませんが、プレイ内容自体は間違いなくデリヘル以上です。特に歴史の長い老舗ソープ街である関西の「福原」などは、「王様の中の王様」だと言っても差し支えない、ハイレベルな性サービスを体験できる場所として有名です。その背景から、風俗のポピュラーはデリヘルからソープに変わりつつあります。その理由やソープの人気が高まってきている理由についてみていきましょう。

■デリヘルの限界

コスプレやソフトSM系のコースなど、最近のデリヘル店はサービス内容がどんどん過激となって来ています。一昔前ではありえなかったような変態プレイでも、ハード系のデリヘル店なら当たり前のように女の子がやってくれる時代となりました。しかしそれでも、「性風俗店」であるデリヘルというのは、その提供サービスに法律的な限界があります。どれだけ過激な性サービスだろうと、その行為はあくまでも「お客とサービス提供者」という風営法の範囲内に止まってしまうのです。男性客が求めてやまない「男女の一線を超えた心が通った行為」というのは、デリヘルの世界では実行不可能となっているのです。

■ソープは「素人女性と自由恋愛」が建前

ソープランドというのは、風営法が適用されない「混浴風呂」です。つまり、そこで出会った裸の男女が何を行おうと、すべて「自由恋愛」という形で収まってしまいます。これがデリヘルを始めとする一般風俗店との違いであり、「デリヘルでは絶対にできない、リアル恋愛に近い形での最高な性的体験」という建前こそが、ソープにおける一番のセールスポイントだと覚えておいて下さい。

■人気風俗店のマットプレイ

そして浴室というプレイスペースが可能としているのが「マットプレイ」というサービスです。風俗やソープに詳しくない人でも、一度はマットプレイという言葉を耳にした事があるのではないでしょうか?マットプレイは特製のゴムマットを使い、ソープ嬢が全身を使って男性の体を洗浄してくれる密着サービスです。専用のローションや石鹸を使って行う洗浄で、綺麗なソープ嬢との触れ合いを全身で体験できる、男性にとって夢のようなサービスなのです。マットプレイは広い浴室でなければできませんので、毎回プレイ場所が変わるデリヘルでは不可能である、ソープならではの特別サービスと言えるでしょう。マットプレイの妙技は体験した男性にしか分からない気持ち良さであり、特に福原ソープ街のようなブランドエリアのマットプレイというのは、総じて高いレベルとなっています。老舗店の多い福原ではマットプレイを売りにしているお店も多く、人気ソープ嬢のテクニックにハマってしまう男性客が後を絶ちません。

■ソープの総額料金がデリヘルより高い理由

お店のランクによって一概には言えませんが、基本的にソープランドの総額料金というのはデリヘルより割高設定となっています。とは言え、ここまでコラムを読んでいれば分かると思いますが、「デリヘルで出来ない体験」が可能だからこその高額設定となっているのです。「高額料金」と書きましたが、それはあくまでデリヘルと比べたうえでの話であり、前述したようなソープ独自の「マットプレイ」や「自由恋愛要素」を考えれば、非常に納得できる適正料金だと誰もが理解できるでしょう。

デリヘルでは体験できないプレミアムなサービスこそが、ソープランドの特権であり醍醐味です。デリヘルのプレイで満足できない男性は、絶対にソープランドへ行くべきです。その中でも福原ソープは、サービス内容とおもてなしが業界屈指のハイレベルとなっています。どんどん過激となっているカジュアルなデリヘル風俗が増える中、やはり王様であるソープランドというのは、揺るぎない価値を持っている風俗です。福原ソープで最高の体験を楽しんでみて下さい。